違和感を感じたら|足に前兆が現れる下肢静脈瘤の治療法を公開

足に前兆が現れる下肢静脈瘤の治療法を公開

違和感を感じたら

病院

卵巣がんは子宮の卵巣で発症するがんのことです。種類がいくつかありますが、ほとんどが上皮にできるがんです。上皮とは卵巣を覆っている層のことを指します。卵巣がんは初期においては自覚症状がないので発見しにくいです。症状がある程度進行していくとおなかにしこりが現れてくることがあります。これで発見されることがほとんどです。卵巣がんは他のがんに比べて転移しやすく、大きくなる前に他の臓器に転移することも珍しくありません。血液を通して他の臓器に転移するので内臓の細胞ががん化されてしまうことがあります。そのため、早期発見が非常に重要です。統計的には40歳から60歳の女性に多く見られて10代や20代は発症確率が低いです。

卵巣がんかもしれないと思ったらすぐに検査を受けることです。治療方法には外科手術と抗がん剤療法が代表的なものになります。前者はがん病巣と周辺の正常細胞を切除することです。治療方法の中でも最もポピュラーなものです。また、後者の抗がん剤は卵巣がんだけでなく転移した細胞にまでも影響力があります。外科手術が局所的な治療なのに対して、抗がん剤は全身治療になります。さらに、高齢者向けの治療法として放射線療法もあります。これは放射線を直接照射してがん細胞を死滅させるというものです。身体にかかる負担が少ないので外科手術や薬物療法ができない場合に行われます。このように、卵巣がんの治療には一般的には上記の3つがあります。