鼠径部のヘルニア|足に前兆が現れる下肢静脈瘤の治療法を公開

足に前兆が現れる下肢静脈瘤の治療法を公開

鼠径部のヘルニア

医師と患者

足の付け根部分を「鼠径部」といい、この鼠径部より腹膜や腸がコブのように飛び出している状態を「鼠径ヘルニア」といいます。世間一般的には「脱腸」と呼ばれるている病気で、鼠径ヘルニアは下腹部の病気に分類されます。鼠径ヘルニアの初期症状として、重い物を持ち上げようとしてお腹に力が入った際などに、鼠径部に小さなコブのような「腫れ」が現れます。初期の段階では痛みもなく、軽く押すとコブは中に引っ込みます。このコブがいきなり硬くなったり、押しても引っこまなくなる、押すと痛みを感じるようになると、激しい腹痛や吐き気、嘔吐といった重篤な症状が現れます。これをヘルニアの「嵌頓」と呼び、早急に手術を行なわないと生命に関わることもあります。鼠径部にコブ、腫れを確認した場合は、早期に外科で検査を行なって下さい。

鼠径ヘルニアは子供の病気と思われている人が多いですが、実は発症のピークは40歳代から50歳代とされています。そして女性より男性の方が、圧倒的に発症しやすいのが特徴です。鼠径ヘルニアの治療は現在、手術以外での治療法は存在しません。手術は人体に無害な「ポリプロピレン製」のメッシュシートを、腸が飛び出す腹筋の隙間に当て隙間を塞ぐ方法が、現在主体となっています。シートは筋膜との縫合の必要はなく当てるだけで良い為、術後の痛みは少なく、短期間の入院で済み日帰りで行える場合もあります。手術は局所麻酔を行い、手術時間は30分から40分程度とされています。鼠径ヘルニアの手術は健康保険も適用されますので、ヘルニアの症状が軽度の場合も、早めの手術での治療をお勧めします。