足に前兆が現れる下肢静脈瘤の治療法を公開

治療を適切に受けたいなら

病室

平野区の病院には大きな病院も少なくなく、救急医療から医療機関ごとの専門治療まで充実しています。大手の場合は医師が来る曜日と時間が決まっていることが珍しくないので、小さな病院でいい場合は診療方法を確認して診察を受けましょう。

もっと見る

鼠径部のヘルニア

医師と患者

足の付根に位置する鼠径部が飛び出てしまう鼠径ヘルニアは、最終的に命にも関わる病気です。最初は小さな腫れからはじまりますが、悪化すると腹痛や嘔吐を伴ってくるので、鼠径部にしこりのような物が出てきたら注意しましょう。

もっと見る

足にこぶができたら

腰痛

下肢静脈瘤の治療ガイド

下肢静脈瘤のレーザー治療についての情報を集めている人は必見となります。詳細を調べておきたならこちらにアクセス!

下肢静脈瘤は、足の静脈の弁が壊れることで引き起こされます。足の静脈は心臓まで上に血を送っていますが、重力によって逆流しないように弁がついています。その弁が壊れると血がうまく上に流れなくなって足の中で溜まってしまうのです。その結果、足の血管がボコボコと浮き出てきたり、皮膚が黒ずんできたりします。また、よく足がつったりむくみやすくなったりします。女性の場合は妊娠や分娩がきっかけでなりやすくなっていますし、立ち仕事が多い人もなりやすいです。下肢静脈瘤が出来ても特に不便の無い人もいますが、重症化して日常生活に支障がでる人もいます。自然に治るものではないので、病院での治療が必要です。下肢静脈瘤を予防するには、足に筋肉をつけて血流のポンプ機能を強化することが大切です。

なかなか治らない足の痛みの原因は、下肢静脈瘤の可能性があります。エコー検査で判明できるので、一度クリニックで検査してもらうことも大切です。下肢静脈瘤の初期の対応としては、圧迫ソックスを履くことです。足を圧迫することによって血が逆流することを防ぎます。下肢静脈瘤の予防としても効果的ですが、出来てしまった下肢静脈瘤を完全に治療することはできません。手術で弁の壊れた静脈を閉ざしたり、大きくなった下肢静脈瘤自体を切除することもできます。術後には圧迫ソックスを履くことが必須になるので、冬場に治療を受けることをおススメします。下肢静脈瘤の治療は日帰りで出来ます。気軽に治療を受けることができるので、重症化する前に早期治療することが大切です。

違和感を感じたら

病院

卵巣がんは子宮の卵巣にできるがんのことですが、ほとんどは卵巣を覆う膜で起こります。自覚症状がないですが、進行していくとおなかにしこりが出てきます。この治療方法としては、外科療法と抗がん剤と放射線療法があります。

もっと見る